丘の上のパン屋、横浜たまプラーザでエッグタルトが絶品と評判。

丘の上のパン屋外観画像パン屋さん

丘の上のパン屋、店名から連想される通り、たまプラーザの緑豊かな里山が残る丘の上にあります。

敷地に一歩中に入ると、まるで軽井沢に来たかのような素敵な癒し空間が広がります。

店内のパン全てオーナーシェフが、健康のこと、おいしさのこと、環境のことを考えたパン。

原材料の良さがパンのおいしさでわかります。

ご近所の方だけでなく、遠方からも来られる方が多いお店。

わざわざでも行きたくなる人気のパン屋さん「丘の上のパン屋」をご紹介します。

丘の上のパン屋は行列のできる人気パン屋さん

横浜でありながら、自然豊かな環境の中にあるパン屋さん。

手入れされた綺麗な芝に囲まれた店舗でこだわりのパンを販売しているのが「丘の上のパン屋」。

駅から離れた場所にありながら、休日には店外に行列ができる人気ぶり

どうしてここまで人気なのかをお伝えします。

里山のロケーションを活かした店づくり

丘の上のパン屋外観写真

「自然の中でおいしいパンを食べる」

そんなちょっとした贅沢を味わってもらいたいという想いで、たまプラーザで残る里山近くで緑豊かな環境を活用し2018年から営業をはじめた「丘の上のパン屋」。

店名通り、芝生の丘にあるパン屋さんです。

店内は山小屋風の癒し空間

丘の上のパン屋 店内陳列写真

広い敷地に建てられた店舗は山小屋風

店内は敷地に比べてこじんまりしています。店内に入れるのは4名様まで

ドアをあけると、綺麗なパンがお出迎えしてくれます。

季節の商品も合わせて約30種類のパン。

丘の上のパン屋 フルーツデニッシュパン陳列写真

だれもが目を見張る美しさ。程よい大きさのデニッシュには、旬の大ぶりフルーツが彩り良く乗っかっています。

おいしい自家製カスタードとの相性も抜群。

丘の上のパン屋 惣菜パン陳列画像

生ハム、ポテト、ソーセージと素材にこだわった惣菜パンの種類も豊富。

自然素材にこだわるパンづくり

丘の上のパン屋 塩バタロール写真

丘の上のパン屋のパン作りの素材には、こだわりがあります。

小麦や酵母だけでなく、砂糖や野菜、フルーツに至るまでオーガニック。

パンひとつひとつが、市販のパンでは味わえない上品な甘さを感じます。

全てはお客様想いからのこだわりです。

  • 小麦粉について
    残留農薬のことを考え、国産小麦を使用
  • 酵母について
    自然素材にこだわり、天然酵母を使用
  • 上白糖を使わない選択
    白色の上白糖は、栄養があまりなく中毒性の懸念から一切使用せず、ミネラル豊富なサトウキビを原料にした砂糖やはちみつ、メープルなどを使用しています。
  • できるだけ地元の旬を取り入れる
    地元農家さんからの旬の無農薬食材を使用して、メニューを考案。

丘の上のパン屋パンメニュー

日本一おいしいエッグタルト

丘の上のパン屋 エッグタルト陳列画像

丘の上のパン屋で一番人気の「エッグタルト」(1個290円)。

エッグタルトといえば、マカオが発祥のタルト。飲茶の時に出てくるイメージでした。

丘の上のパン屋のエッグタルトは、今までの常識を覆すほどのおいしさ。

丘の上のパン屋エッグタルトの断面写真

タルト部分は薄い27層のサクサクパイ生地

中には「おいしい卵を使っているなあ」と感じさせるクリーム。

まるで高級プリン、高級シュークリームを食べているかのような味わいです。

「日本一おいしいエッグタルト」といわれているのにも納得。

「エッグタルト」は通販で購入できる♪

崩れやすいので注意が必要ですが、お土産で喜ばれるエッグタルト。

この人気のエッグタルトが通販でも購入できます

エッグタルト通販は下記公式サイトから

1セット6個入り1,980円(1セット限り) 送料別途

丘の上のパン屋公式サイト

北海道小麦を使用した卵不使用の食パン

丘の上のパン屋の角食パン画像

小麦は「春よ恋」を使用しています。(角食1斤430円)

天然酵母もこの小麦からおこしたものを使用しています。

マーガリンやショートニングは使用せず北海道産バターを使用。さらに卵も不使用だそうです。

耳は薄く、焼かずにそのままでもおいしい。トーストすることでさらに小麦のいい香りがひろがります。

クラム(中身)もしっかりと水分を含み、しっとり もっちりとした食感が味わえました。

丘の上のパン屋クロワッサンはシェフ一押しパン

丘の上のパン屋のクロワッサンサンド画像

シェフの一押しパン。(発酵クロワッサン250円)

バターと小麦粉で織り成すクロワッサンですが、口の中で発酵バターに負けないような小麦粉の配合にこだわったそうです。

口どけの良いおいしいクロワッサンです、

キタノカオリのミルクバター

丘の上のパン屋のキタアカリミルクバターサンド画像

北海道産幻ので小麦キタアカリを使用したもちもちした生地のサンドパン

ミルクバター、あんバター、カシューバター、ラムレーズンバターと種類も豊富。

今回いただいたのはキタアカリミルクバター(230円)。

自家製練乳を使用した甘さ控えめのミルクバターが入っています。バター感強めでおいしすぎです。

丘の上のパン屋カヌレは土日限定商品

丘の上のパン屋 土日限定カヌレ写真

フランスボルドーの伝統菓子であるカヌレ。土日限定で販売しています。(320円)

焼き上がりは10時~10時半くらい

土日なので行列覚悟で買いにいきます。

カヌレ断面写真

外側はカリっとして、中はラムの香りがきつすぎず、上品に口の中に広がります。

私は、カヌレが好きでこれまで色々食べましたが、これはかなりおいしいカヌレ。

カヌレ好きなら食べておきたい限定品だと思います。

丘の上のパン屋のアクセス方法

専用駐車場画像
丘の上のパン屋駐車場

左:専用駐車場 右:臨時駐車場
最寄り駅は、たまプラーザ駅またはあざみ野駅、いずれも遠いので車かバスを利用しましょう。

丘の上のパン屋 駐車場は完備

車については、お店の前に7台舗装された専用駐車場があります。

またお店の前を少し山側に入ったところに、舗装されていない臨時駐車場があります。

徒歩ならバスの利用が便利

バスについては、たまプラーザ駅の「東急バス1番乗り場」から本数の多い「虹ヶ丘営業所行」に乗車し「蓬谷戸(よもぎやと)」で下車。

左手の住宅街を抜けて坂を上り、徒歩5分くらい。

街の喧騒から解放される空間なので少し遠めですが、行くと素敵な空間に疲れが吹き飛ぶでしょう。

丘の上のパン屋のイートインコーナー

丘の上のパン屋のイートインコーナー画像

購入したパンは、気持ち良い広いお庭のテラス席で楽しめます。

もちろん犬連れのお客様もOKです。

比較的平日は空いているので、まったりできます。

丘の上のテラス席で食べるエッグタルトと自家製無農薬丸レモンスカッシュ写真

飲み物は、店内で販売しています。

コーヒーは近隣でおいしいと評判の「カフェブランコ」さんの自家焙煎珈琲豆を使用。(丘パンブレンド480円)

カフェブランコの珈琲豆にも惹かれましたが、今回は前から気になっていた「自家製無農薬丸レモンスカッシュ」520円をオーダー。

早めに収穫した地元農家さんの無農薬丸レモンを使用したドリンク。レモンがまだ緑色です。オリジナルシロップでお子様にも飲めるすっきりおいしいドリンクでした。(良く混ぜてから飲んでくださいね)

食事が終わったカップは店内に戻します。

丘の上のパン屋テラス席と手洗い場

可愛い手洗い場もあって、居心地の良いテラス席です。

丘の上のパン屋たまプラーザまとめ

丘の上のパン屋朝外観写真

広々とした芝生に囲まれたお店のロケーションが最高!お天気の日などは、お庭のテーブルでピクニック気分でパンを食べられます

丘の上のパン屋さん」は、近隣だけでなく遠方からも訪れる方もおられ、お客様が絶えません。

丘の上のパン屋啓蒙ポスター画像
タッパーに詰めた画像

また、環境問題にも積極的にとりくむ丘の上のパン屋。

フードロスを無くすために、その日に売り切るだけのパンを販売しています。

遅い時間だと、パンはあまり並んでいません。9時半から11時半くらいの来店で、種類を選ぶことができると公式サイトでおススメしています。

さらに、2022年からパンの容器持参運動をはじめた「丘の上のパン屋」。タッパーや籠などを持っていくとエコ割をしてくれます

雰囲気だけでなく、カラダ想いのパンづくり、パンのおいしさ、環境問題、全てにおいて高いクオリティ

だから再訪されるお客様も多く、人気のパン店さんであることに、納得がいきます。

休業日月・火
営業時間9:00~17:00
住所神奈川県横浜市青葉区美しが丘西3-8-8
電話番号045-530-9683
駐車場あり(専用駐車場7台・臨時駐車場あり)
イートインスペースあり(外)
決済方法現金・会計3,000円以上で各種カード払いOK
サービスカードなし(エコサービスあり)